BERRIMA New south weals 初期の入植地のひとつ

beemagicjp

この村には、初冬の雨の日に迷い込むように辿り着きました。オーストリアもN.S.Wの冬は寒いですから、村を見つけた時は、ほっとしたのを思い出します。

シドニーからプリンセスハイウエイで1時間半南西に進むとberrimaはあります。

beemagicjp

小さな町で、集落のメインストリートは片側だけ。反対側はNSW最古の刑務所があるから店は有りません。刑務所といってもこじんまりしていて殺人などの重罪犯はいないというし、週末には受刑者も自宅に帰るというから、日本の刑務所とはかなり違うので驚きですよね。

集落の入り口には、小さな川が流れているのですが釣をしてる人がいる訳でも無いし、川遊びをしている人を見た事も無いのですが、川岸に降りて見ると結構流れは早いし、岩もあちこちに出ているから、川あそびをするのには向いていないのかも知れませんね。

内陸部というには、海からの距離は少しありますし、テーブルマウンテンエリアを抜けて行かなければなりません。テーブルマウンテからの下りは日光のイロハ坂のような急勾配とカーブが続き交通の難所ですから、海へ行くことはそれほど無いかもしれません。

観光地として一時期賑わっていましたが、暫くして落ち着きを取り戻したようです。

観光客向けのお土産品というより、工芸品やアーティストの作品を並べていて、ちょっとしたアーティストビレッジの様になっています。

beemagicjp

ちいさなバラエティーショップの中にギャラリーを併設したような感じのところが

並んでいて見て歩くのに楽しいところです。殆どの作家は無名の新人ですが、時折ロンドンから作家活動の拠点を移して来た様な人もいて、思わぬ掘り出し物に出会う事もあります。

私も何点か作品を購入して今も持っていますが、手に入れた時の10倍位のブライスタグになった物もありますから、新人を発見する愉しさはある場所です。

カフェとレストランは数軒ありましたが、古くから営業していて村のシンボルアイコンのようだったwhitehorse innが閉店してしまったので、ちょっと淋しくなりましたが、golden knife awardを受賞したオーストラリアンヌーベルキュイジーヌがあり、このお店インテリアはとってもシンプルなのに、テーブルに並ぶお皿は確かな物。 カントリーエリアにしてはちょっと高めですが、気に入って何度か通いました。

集落の中に、蜂蜜専門店が2店舗あり、自ら養蜂をして商品にして売っているお店と、オーストラリア各地の養蜂家と取り引きをして商品にしているお店がありました。

どちらも日本では見る事が無い種類の蜂蜜を知り、随分と勉強になったのを思い出します。

今のビクトリア州養蜂家協会の会長を務めるエドワーズさんのお父様がマヌカハニーを採取しているのを知ったのもberrimaでのことです。

MORPETHへ

TOPへ