BERRIMA New south weals 初期の入植地のひとつ

beemagicjp
beemagicjp

この村には、初冬の雨の日に迷い込むように辿り着きました。オーストリアもN.S.Wの冬は寒いですから、村を見つけた時は、ほっとしたのを思い出します。

シドニーからプリンセスハイウエイで1時間半南西に進むとberrimaはあります。

beemagicjp

小さな町で、集落のメインストリートは片側だけ。反対側はNSW最古の刑務所があるから店は有りません。刑務所といってもこじんまりしていて殺人などの重罪犯はいないというし、週末には受刑者も自宅に帰るというから、日本の刑務所とはかなり違うので驚きですよね。

集落の入り口には、小さな川が流れているのですが釣をしてる人がいる訳でも無いし、川遊びをしている人を見た事も無いのですが、川岸に降りて見ると結構流れは早いし、岩もあちこちに出ているから、川あそびをするのには向いていないのかも知れませんね。

内陸部というには、海からの距離は少しありますし、テーブルマウンテンエリアを抜けて行かなければなりません。テーブルマウンテからの下りは日光のイロハ坂のような急勾配とカーブが続き交通の難所ですから、海へ行くことはそれほど無いかもしれません。

観光地として一時期賑わっていましたが、暫くして落ち着きを取り戻したようです。

観光客向けのお土産品というより、工芸品やアーティストの作品を並べていて、ちょっとしたアーティストビレッジの様になっています。

beemagicjp

ちいさなバラエティーショップの中にギャラリーを併設したような感じのところが

並んでいて見て歩くのに楽しいところです。殆どの作家は無名の新人ですが、時折ロンドンから作家活動の拠点を移して来た様な人もいて、思わぬ掘り出し物に出会う事もあります。

私も何点か作品を購入して今も持っていますが、手に入れた時の10倍位のブライスタグになった物もありますから、新人を発見する愉しさはある場所です。

カフェとレストランは数軒ありましたが、古くから営業していて村のシンボルアイコンのようだったwhitehorse innが閉店してしまったので、ちょっと淋しくなりましたが、golden knife awardを受賞したオーストラリアンヌーベルキュイジーヌがあり、このお店インテリアはとってもシンプルなのに、テーブルに並ぶお皿は確かな物。 カントリーエリアにしてはちょっと高めですが、気に入って何度か通いました。

集落の中に、蜂蜜専門店が2店舗あり、自ら養蜂をして商品にして売っているお店と、オーストラリア各地の養蜂家と取り引きをして商品にしているお店がありました。

どちらも日本では見る事が無い種類の蜂蜜を知り、随分と勉強になったのを思い出します。

今のビクトリア州養蜂家協会の会長を務めるエドワーズさんのお父様がマヌカハニーを採取しているのを知ったのもberrimaでのことです。

MORPETHへ

TOPへ

MORPETH

beemagicjp honey

何かが始まる時のきっかけというのは、いつも本人が意識しないところで始まっているのかもしれません。

後になって考えてみれば、あの時が始まりなのか? と思い出すことが多いですから、多分そうなのでしょう。

そう、あの時、北に行こうなどと考えなければ、こうしてこんなことを文章にすることも無かったかもしれないですし。

どんなことも、恐らくこんな感じの積み重ねの結果だという気がします。

何にしても、このちいさな町での出会いが、その後のオーストラリアとの関係の始まりになったのは間違いありませんから、人生というのは面白いものです。

シドニーから北に用事が出来て、出かけたついでにある町を訪ねて見ようと出かけたのに、道を間違えたのか一向に付く気配がありません。

オーストラリアは日本の感覚で走っていると酷い目に遭うというのは、なんとなく判ってはいましたから、早目に町を見つけて軌道修正をすることにしようと考えました。

その時に目に入ってきたのがMorpethの標識。そんなきっかけですから、町を知ったのは偶然知ったのであって、最初からの目的地ではなかったし、経由地という訳でも無く町の名すら知りませんでした。立ち寄った目的は、コースの確認と休憩でしたから、その時は何も見ずにシドニーに戻ります。

何も目立ったものの無い、小さな町だったけれど、何か気になるものがあって、その後何度か近くを通る度に立ち寄って、お茶をしたり、町を見て買い物をしたりしているうちに町の人と顔見知りになり、町の話を聞いたり、ちょっとした物を貰うようになります。

beemagicjp
中庭でのカフェ

観光地というのとは少し違うし、観るべき物も殆ど無いの町なので、観光客で町が賑わっているという事でも無い。佇まいは何処かアメリカの西部劇に出てくる小さな町のようなのです。

morpethuはかつて水運の中継地として栄えていた時代の名残りか、町のメインストリートに沿うように小さな運河が流れています。

この辺りは石炭の出荷地に近く、ガソリンの補給や食事にと立ち寄るうちに次第に町の雰囲気にも慣れてきます。 最初の頃は勝手は違うし、何処で食事が出来るのかも判らずゼネラルストアやガスステーションで、半分干からびたようなサンドイッチを買って食べたりしていたので、印象はあまり良い物とは言えませんでした。

観光名所は無いけれど、訪れると何処か懐かしさを感じる町で、小さな町を歩いていても退屈しない不思議なところ。

beemagicjp
antique

顔見知りになった片言の日本語を話す郵便局の人は、過去に岩国基地に駐留したことがあって、いつも少し懐かしそうに対応してくれたので、町の情報を何かとくれるので、町の人と知り合うきっかけを貰ったような感じです。

郊外近郊の街ですから営業が終わるのは早くて16:00になると殆どの店は閉まってしまうので、内陸からの帰り道には立ち寄れない町です。

Morpeth Sourdough | Facebook   MORPETH の町のベーカリー。ウールワースで売っているパンより美味しいしっかり麦の味がするパンで、今はシドニーのブティックフード店やハリスファームでも買えると思います。

モルペスジンジャービールとグルメ品 – マイメイトランド (mymaitland.com.au)

ここで作られているジンジャービアは日本で手にする物とは違って、フレーバーも色々。香りのよいジンジャービアですから、一度試してみるのはお薦め。

BERRIMAへ

TOPに戻る

ハチミツが固まってしまったら

beemagicjp
TEMP

ハチミツを戻すときは急がずゆっくりが基本

気温が5℃を下回るようになるとハチミツの結晶化という現象が起きやすくなります。

ハチミツの糖度は80を超えているのが普通。これを下回ると発酵が起きやすくなり、条件が揃うとハチミツはお酒になったりしますから注意が必要です。

硬くなったハチミツを柔らかく戻すのに、電子レンジなんていう方法を取る人もいますが、基本的にお薦めしません。何故かといえば糖度の高いのがハチミツですから、急いで加熱するとカラメル状になり、最悪発火するなんていう事態を招きかねません。

なにより、風味も悪くなるし成分も壊れるしで良いことはありません。

方法としては、お湯でゆっくり湯煎して温めるのが一番。

養蜂家や有名なパティシェもこの方法で戻しています。

ガラスビンにハチミツが入っているなら、ビンに入れたまま湯煎します。

beemagicjp
湯煎でゆっくり

手頃な大きさの鍋にビンの口がお湯に隠れない程度のお湯を入れます。この時のお湯の温度は60℃くらい。高めに思われるかもしれませんが、ビンを通して中のハチミツが受ける温度は40℃くらいになるには、この程度の温度が無いと中まで伝わりにくいのです。

最初は60℃くらいで温めますが、次第にお湯の温度は下がっていき、40℃前後になります。そうしたら45℃くらいを維持できるように時々お湯を温めてください。

ハチミツは比重が大きく、通常1.44以上あります。ですので水のように熱が全体に伝わるスピードは遅いのです。この特性を利用して最初は熱めで徐々に温度が下がってビンの中と外のお湯の温度が近くなりように持っていきます。

400グラムのボトルに入ったハチミツを温めて12分~15分で柔らかく戻りました。

最初はビンの蓋を開けて、温まった来たらもう一度蓋をして上下をひっくり返して、何度か繰り返せば完了です。

熱いんじゃないの? と思われるかもしれませんが、巣の中は36℃前後、夏場は更に温度が上がりますが、そうなると働きバチたちは巣の中に水を運び巣に水を撒いて巣の温度を下げます。

ハチの生存温度の範囲内なら、ハチミツが大きく変質することはありません。

ハチミツの消費期限はどれくらい?

食品には消費期限と消費期限があるのはご存じかと思います。コンビニで買ったサンドイッチにも、酒屋さんで買うビールにも全て記載されています。

ハチミツの場合も同じで、流通ルートに乗って販売される物には全て記載される事になっています。

ハチミツの賞味期限は大体5年前後としていることが多いようですが、生産者か販売元が決めて記載していますが

Australian honey & wild flower’s / オーストラリアのハチミツと蜜源植物

beemagicjp

私達ビーマジックハニーで取り扱うのは基本的にオーストラリアのハチミツと、台湾、ベトナムなどのアジアの国からの物。

中でも、元々のスタートがオーストラリアから。ということもあって、オーストラリアのハチミツ情報は豊富に持っています。

私達が時間をかけて直接現地をまわり、植物の植生や生育環境を見極めて、現地で生産者を探し、彼らと交流しながら確認したハチミツと蜜源となっている植物について、お知らせします

中には、食用のハチミツとしては、どうかな? というものもありますし、日本人の好みからはかなりかけ離れた物も中にはありますが、そうしたものも、オーストラリアに自生している蜜源植物ですから、ハチミツとして扱っていなくても載っている物も数多くあります。