オーストラリアのハチミツの種類

オーストラリアのハチミツと言えばユーカリが代表的

オーストラリアのハチミツというと一番多いのが、ユーカリから採れたもの。ユーカリは種類が多く、これもユーカリ? というものも少なくありません。

日本で好まれる「アカシア」は、本来ユーカリの仲間ですが、アカシアのハチミツむとして採取されるのは、偽アカシア((Robinia pseudoacacia) マメ科ハリエンジ)で、日本の東北地方に多く見られます。オーストラリアのアカシアとは別種で、オーストラリアのアカシアはワトルと呼ばれますが、これから採取されたハチミツというのは記憶にありません。
ヨーロッパの養蜂家にアカシアのハチミツを採取している。という方はいるのですが、それがオーストラリアのアカシアと同じ物かどうかは判りません。あの花を見ていると、採取効率が悪そうで、とてもまとまった量は出来そうに無い気がしますから、蜂が積極的に選択しているとも思えません。

ユーカリは種類が多いのですがオーストラリアで採取されている種類をリストにしてあります

Yellow box
White box
Fuzzy box